思い描いたことを現実に… 引き寄せよう!なりたい自分に♪

何気ない日常をもっと楽しみたい♪アラサー女子の日記です。

30過ぎた社会人が自分だけ頑張ってますって言うのはサボリだ!?

火曜ドラマ「ダメな私に恋してください」

深キョンの演技力は置いといて。

今回のドラマの中では明るいし、
私的には面白い❗と思って観ています。

少し前の話になってしまいますが、
第3話の中で、ドキッとした場面がありました。

この回のストーリーを簡単に話すと。
深キョンの転職先はビジュアル重視の若い女の子ばかり。
他の女の子の仕事のミスを深キョンがかばい、残業代も出ないのに毎日遅くまで残業。
誰かがやらないと終わらないし、人間関係で揉めたくない。

誰よりも残業していると言う深キョンに見かねて、五代様ことディーン・フジオカが、ブログのタイトルにしたこの言葉を言ったのでした。

30過ぎた社会人が自分だけ頑張ってますって言うのはサボリだ!

さらに。
注意するより残業する方がラクなんだろう?
自分が働くより、人を働かせる方が難しい。
30過ぎてこの先も働くには指導力を身につけないとツラいぞ…と。

そして、後日ミスで怒られて、あれは仕方ないですよねっと愚直をこぼす会社の女の子に、深キョンが。
ミスはいけないけど、それよりもいけないのはミスしても仕方ないって気持ち。
本気の仕事をしていないってことだよ。

この言葉たちが私に突き刺さりました。

私も同じような気持ちで仕事をしていた時期があったから。
雑務的なことからデータの作成まで任せられていましたが、二重チェックが行き届いてない状態が多々あって。
私もデータを作成するので精一杯になってミスに気づけない…人間なんだから間違いはあると不満ばかり。
当時は調子がいい上司で確認をお願いしてもよくわからないから…と言われるのが本当イヤでイヤで(笑)
どうしたら協力してもらえるようになるか、よく悩んだものです。

今、上手にお願い出来るようになっているかはまだ自信ないけど、この回を見て改めて仕事に対する意識に気をつけていこうと思っています(^^)/